企業にとって、導入時のコストをどれだけ抑えられるかという点は重要です。ただし、それは様々な要素とバランスを考えて決定しなければなりません。私達が個人で決めて個人の家庭に導入するのとはわけが違うからです。それによって生産性が大きく左右することもありますから、良い決定ができるように話し合いが必要でしょう。新品のコピー機購入はモデルによってはかなりの費用となることがあります。それは必要経費だとしても、月々の支払いに抑えるリースを用いることによってコストを削減できます。メンテナンス面も安心ですから、この点では中古購入よりも安心ができる、と言えるでしょう。

ビジネスにおいて生産性を向上させたり、効率を向上させることはとても重要です。無駄な工程にどれだけ気付いて、どれだけその工程を省くことができるか、という点も、コスト削減や時短に繋がります。やがてはそれが企業全体の利益にもつながってきます。それを私達一人一人が意識することによって、よりその意識を高めていくことができます。コピー機の導入も、新興企業や個人事業主にとっては、やはり大きな負担となりますので、その点でリースや中古購入などを利用できるという点を覚えておきましょう

新品は所有欲を満たしますが、逆に壊れてしまった時は非常な喪失感に襲われることがあります。しかし、中古であれば、最初からそこまでの期待は抱いていませんから、それが長く使えれば使えるほど良い買い物をしたという気分になるでしょう。こういった感情で買い物を行っていることは珍しくありませんが、OA機器の購入にあたっては、中古購入を利用することがあります。それが今回のテーマであるコピー機です。コピー機は、モデルによって、非常に幅広い価格帯で販売されています。しかし、性能も申し分なく多くの企業が導入している信頼性が高いモデルとなると、一台で100万円以上する機器も珍しくありません。これを導入するとなると、かなりの初期投資となってしまいます。

ある程度信頼性が高いけれど中古、そういった機器を用いることによって、大幅に購入時のコストを抑えることができます。リースではないので月々の支払いも必要ありません。ただし、中古購入を行う時は、メンテナンスには注意するべきです。中古は保障がなされていないことが多く、故障した場合も費用が余計に発生してしまうことが多くあります。中古購入にはそういったリスクがあるという点も理解するべきです。

◆参考サイト◆OAランド_中古コピー機購入
納入後1ヶ月または1,000枚までの印刷のどちらか先に到達した方が保証対象になっています。

私達は必要なものがないとき人から借りるという手段を取ることがありますが、そういった借りたものが何の役にも立たなければ借りる意味がありません。それによって効率や生産性が失われるなら他の手段を取った方が良いと思えるかもしれません。仕事で活用する機器類もそうですが、やはり企業として導入するのであればなおさら高性能で高い生産性を実現する機器を導入する必要があります。しかし冒頭で述べたように初期投資が掛かる機器も多くありますので、リースという手段を用いることができます。コピー機のリースは、本来は一台で何十万もする機器を、モデルによっては月々1万円前後でリースすることができるかもしれません。また、整備も行ってもらえますから、その分安心して利用することができます。

OA機器は進歩が進んでいますから十年前には最新だと思っていた機器でも今の時代にしてみれば時代遅れで業務の足を引っ張っているということがあり得ます。それを考えたとき、より良い機器を格安で導入することができるリースを利用することには大きな利点があると言えます。モデルによってリースの料金は異なりますが、どのモデルがどのくらいの料金になるか、導入前に査定を行ってもらうと良いでしょう。

ビジネスという場において大切なものとなっているものは無数にありますがそれが有形なものである限りそこには必ずと言ってよいほどコストが発生しています。私達はそのコストを無視したままそういったものを導入することはできませんが、やはり無形の者に頼るという面でも不安が残ります。OA用品などは特にそう、と言えるかもしれません。業務にとっては必ず必要なものであっても初期投資が非常に掛かるという面では導入に焦ってしまいやはり大きなコストを背負ってしまうことがあります。コストパフォーマンスという面を考えたとき、やはりどれくらいの生産性の向上が見込めるかという点が重要ですが、機器を導入する時も生産性が一番向上する選択肢はそれだけコストがかかることにもなります。では、そのバランスをどのように取るかというと、ただ単に購入するということだけでなく、「借りる」という選択肢もあります。いったい誰から借りるのでしょうか。

それがいわゆる『リース』という手段です。また、『中古』の機器を購入するという手段もあります。新品であるとかなりの初期投資が発生してしまう機器であってもそういった手段を用いることによって、かなりのコスト削減につながります。では、OA機器の中でも必須とされているコピー機、その初期投資を抑えるために、リース、または中古購入といった手段を、どのように活用して初期投資をできるだけ抑えたまま生産性の高いものを使い続けることができるのでしょうか。