ビジネスという場において大切なものとなっているものは無数にありますがそれが有形なものである限りそこには必ずと言ってよいほどコストが発生しています。私達はそのコストを無視したままそういったものを導入することはできませんが、やはり無形の者に頼るという面でも不安が残ります。OA用品などは特にそう、と言えるかもしれません。業務にとっては必ず必要なものであっても初期投資が非常に掛かるという面では導入に焦ってしまいやはり大きなコストを背負ってしまうことがあります。コストパフォーマンスという面を考えたとき、やはりどれくらいの生産性の向上が見込めるかという点が重要ですが、機器を導入する時も生産性が一番向上する選択肢はそれだけコストがかかることにもなります。では、そのバランスをどのように取るかというと、ただ単に購入するということだけでなく、「借りる」という選択肢もあります。いったい誰から借りるのでしょうか。

それがいわゆる『リース』という手段です。また、『中古』の機器を購入するという手段もあります。新品であるとかなりの初期投資が発生してしまう機器であってもそういった手段を用いることによって、かなりのコスト削減につながります。では、OA機器の中でも必須とされているコピー機、その初期投資を抑えるために、リース、または中古購入といった手段を、どのように活用して初期投資をできるだけ抑えたまま生産性の高いものを使い続けることができるのでしょうか。